ACS Junior の使い方

 

 

 ACS Junior には、作曲編曲、変換3つのモードがあります。

 

ACS Juniorをはじめて起動した時

 

 はじめてACS Juniorを起動した時に 、[設定]ボタンをクリックすると、[デバイスの指定]ダイアログボックスを表示されます。[デバイスの設定]ダイアログボックスで必要な設定を行い、[OK]ボタンをクリックすると、ACSのメイン画面 に戻ります。なお、2回目以降の起動 では、前回の設定が使用されます。

 

 

ACS Junior のメイン画面

 

 ACS Junior のメイン画面では、自動作曲、編曲、変換のための操作を行います。

 

 

@[設定]ボタン

[デバイスの指定]ダイアログボックスが表示されます。

 

A[モード]ボタン

[自動作曲モード][変換モード]に切り替えることができます。ACS Juniorで作成した曲の編曲、変換モード画面では音楽スタイルやフォーマットの変換を行うことができます。

 

B[スタイル]ボタン

[音楽スタイル選択]ダイアログボックスが表示されます。

 

C[電源]ボタン

ACS Juniorを終了します。

 

D[]ボタン

出力ファイルを1つ前に戻します。

 

E[作曲]ボタン

曲を自動で作曲し、MIDIファイルを作成して演奏します。

 

F[]ボタン

出力ファイルを1つ先に進めます。

 

G[ヘルプ]ボタン

ヘルプが表示されます。

 

H[モード]表示領域

動作モードが表示されます。

 

I[アドバイス] 表示領域

操作のアドバイスが表示されます。

 

J[進行状況] 表示領域

処理の進行状況が表示されます。